KYOWA GROUP 鉄鋼・建材製品の専門商社 | 株式会社 協和 KYOWA CO.,td

取扱い商品

  • 商品情報
  • エリア別検索
  • CADデータダウンロード

折板屋根

ハゼ締め式折板

重ね式折板

特殊工法屋根材

折板部材

多目的屋根

横葺工法

縦葺工法

大波・小波

多目的部材

改修用屋根
太陽光発電システム
外装材・床材

KB角波サイディング

KBボルトレス角波サイディング

KBスパンドル

タカサゴスパンドレル

床材

  • 基礎技術資料
  • 販売会社
HOME > 基礎技術資料 > 積雪荷重

積雪荷重

積雪荷重(S)

建築基準法による積雪荷重の算出は次式によります。[N/m2
積雪荷重(S)=垂直積雪量(d)×積雪の単位荷重(p)×屋根の形状係数(µb)×レベル係数(X)

ここに、
d:垂直積雪量(cm)…施行令86条3項
多雪区域では特定行政庁が建設省告示第1455に基づき定めた数値とする。
〔多雪区域〕
多雪区域を指定する基準は、次のいずれかです。
  • (1)垂直積雪量が1m以上の地域
  • (2)積雪の初終間日数(当該区域中の積雪部分の割合が1/2を超える状態が継続する期間の日数をいう。)の平均値が30日以上の区域
p :積雪の単位荷重(N/cm/m2)・・・令86条2項
積雪量1cmごとに20N/m2以上と定められています。
但し、多雪区域では、特定行政庁が別途さだめているため確認の必要があります。
µb:屋根形状係数・・・令86条4項
積雪荷重の低減係数で、雪止めがない場合は、次式で計算した屋根形状係数を乗じた数値とし、その勾配が60度を超える場合においては零とすることが出来る。なお、特定行政庁が別途定めている場合は、その定めた数値とする。(但し、雪止めがある場合は、µbは適用できない)
X :レベル係数(特に指定のない場合は1.0とする)

(参考文献) ●金属屋根の性能確認 (社)日本金属屋根協会

ページの先頭